「サンダーバード」と言えば、とてもコアなファンの多い番組なんだそうですね。私自身は夢中になった世代ではありません。
むしろ人形劇番組といえば、人形を操作する「糸」がなく少しずつ細かく一コマずつ丁寧に撮影して動画風にする「粘土の人形」の番組のファンです。

ある時イギリスのロイヤルメールがサンダーバードの記念切手を販売するということを知りました。ちょうど切手収集にハマっている甥へのプレゼントに「海外の記念切手も面白いかな」と考えたのでロイヤルメールのホームページをのぞいてみることにしたのです。

見てびっくり、これがただの記念切手ではなかったのです。私にはよくわからないながら、サンダーバードに登場するロケットや潜水艦らしきものなどカッコいいマシンが印刷されています。それが普通の印刷ではなく、「見る角度によって図柄が変化する」ではありませんか。

思わず、「おお~すごい」と見入ってしまいました。でもこのときはまだ普通に「すごいな、面白いな。喜んでくれるといいな」程度の「すごい」でした。数日後、手元に届いたものを見てびっくり。実際に手に取って角度を変えてみると、「うわ、ロケットが発進する~」なんて面白いんでしょう。プレゼント用ということも忘れて何回も何回も「サンダーバードを発進」させてしまいました。

帰宅した夫に見せると「わわわわ、俺も欲しい」と大喜びです。結局最初に注文したものは私達夫婦が喜びすぎてしまったので、せっかくプレセントにするのだからもう一回新しいものを注文しなおすことになりました。絵柄が変化する切手シリーズに加えて記念限定品としてサンダーバード百科のような本がついた「セット商品」を購入することになったのです。

もともとサンダーバードのファンでもないし、切手を収集する趣味もないのに買ってしまった面白い切手です。でもやはり収集家でもなく、物語のファンでもなかった私達にとってもともと縁がないものだったのかもしれません。

結局、甥にプレゼントしたものを見た姪が「お兄ちゃん、ケチンボで私によく見せてくれない。私にもちょうだい」とねだられ、渡すことになったのでした。サンダーバードは「本当に必要としている人」のところに来てくれるもの、なんだなあなんて話しています。本当に本来興味のない私達までトリコにしてしまった切手でした。

※もし、サンダーバードの切手が欲しいと思われるかたはこちらのサイトを探してみれば、みつかるかもしれませんよ
⇒⇒⇒ http://切手買取専門店.com